上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石川議員・大久保秘書が逮捕起訴されて、小沢がなんで不起訴なんや!と思う人も多いやろ。
そりゃわかる。
しかしな、石川・大久保かて犯罪性が有るんか無いんかも分からんような事件や。
しかも検察審査会の判断では、政治資金収支報告書に書かれてる内容を証拠としとるわけ。
なんじゃそりゃ!て感じやけど、そこに審査会面々から見た疑義を足して文書は作られとるわけやけど、はっきり言うて人をこれから裁こうかという文書やない。
土佐高知はんのところでは、「起訴するだけで有罪無罪を決めるのは裁判所」と“善良な市民”の感覚を優先させることを言うてるわけやけど、こういう事例がある。

今から30年以上も前に、とある郵便局で現金封筒約200万ほどが紛失した事件があった。
当時、その郵便局で集配課長を務めとったA容疑者は、そっこー警察にしょっぴかれ連日の取調べ。
翌日、新聞の一面にA容疑者の写真と犯罪者扱いの記事が載る。
そうね、だいたい一週間から10日ぐらいマスコミは叩いたかな。
当然警察からのリークを元に。
だからA容疑者は起訴どころかその前に犯罪者扱いを受けて、社会的に裁かれるわけ
善良な“市民”はマスコミの正しい報道を受けて、A容疑者の家族も犯罪者扱い。
こんなもん起訴されたら有罪確定みたいな扱いやで。
Aには子供が二人おったけどまだ幼くて、A容疑者の妻は自殺を考えたそうや。
しかし、事件は急展開を見せて、結局犯人は集配業務でアルバイトしていた男やった。
その時マスコミはちゃんと訂正したかというと、地方欄に小さくアルバイトの男が逮捕された事実を載せただけ。
マスコミから謝罪なんかあらへん。警察からもな。
もちろん善良な“市民”からも。

中にはずっと犯罪者と思ってる“善良な市民”もおるけど、わざわざA容疑者から言うわけにもいかんしそのままや。
A容疑者は公務員やったから解雇されへんかったけど、民間やったらアウトやったかもな。
そうなったらホンマに一家心中してたかも。

起訴するだけやから問題が無いような主張には「世の中のことをもうちょっと勉強した方がエエんとちゃいまっか?」と言わんとしゃーないな。
裁判で白黒ハッキリつけたらエエという考えで、起訴してエエんやったら足利事件の菅谷さんに対して行われた国家犯罪も「良とする」ということや。
結果的に無罪になったんやから“善良な市民”の理屈からいうとそうなる。
起訴擁護論者は自分が何を言うてんのか分かってまんの?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/138-0d5bc757
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。