上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海兵隊も石破たんが期待するところで邦人(日本人)救出をあげてるみたい。
どんな事態を想定しとるんか分からんけども、主権侵害って言葉を知らんのかな?
おたくはんは、普天間の海兵隊の任務として、邦人(米国人)保護をいうてたけど、あれも実際行くとなったら戦争覚悟で行きまんねんで。
たとえばギリシャやタイでさらに治安が悪化したとする。
日本人の保護は当然日本大使館がするわけ。
もちろん一義的には該当政府の責任や。
もっと治安が悪化すれば該当政府の許可を取って、大使館が救出活動にあたるわけやけども、ここでも基本は該当政府の責任。
ほんでもっともっと治安が悪化したら、日本から救出部隊が派遣されるんよ。
でも相手国の主権がある以上は、自衛隊機や海保の輸送機を使う場合も許可がいるわけ。
問題は邦人が紛争に巻き込まれてる場合。
ここでの救出活動は、武器使用も必要になるから該当政府の許可なんて降りにくい。
該当政府の軍や警察がいてる所へ、別の指揮下にある軍が介入するわけやから、おもいっきり主権侵害やし、場合によっては該当政府の軍と紛争になる可能性がある。
普天間の海兵隊の任務として石破はんが挙げてたんはこれや。
万一上手く救出できたとしても国際法違反と言われてもしゃーない。
ほなら、とんでもなく治安が悪化したときは、見殺しにせなアカンのか?といえばそうでもない。
まず早急に邦人を保護する方法として、大使館の武官を充実させておくことや。
大使館の救出作業やったら、該当政府の許可もおりやすいからな。
そんでもう一つは各国と協調しながら、安全な場所まで送り届けること。
当然、日本からの輸送機が出てる場合は、他の国の人も乗せてあげると(自衛隊法101条、2項)。
今のところこれぐらいはできるんやけど、石破はん、なんか問題おまっか?
もしかして海兵隊にランボーみたく、他国へ無断侵入させてバッタバッタと該当国の軍人殺戮しまくって、日本人を救出してくれることを期待して協力せよと言うてんの?
あのね、石破はん。救出にあたる海兵隊はもともとアメリカ大使館にいてまんねん。
日本もやろうと思えばできまんねんで(やれへんかったんは、今までの政府がアホやったからやけど)。。。そんなこと知ってると思うけど(ため息

つーか、在外日本人の保護は海兵隊に頼るんやなくて、大使館の充実と該当政府との外交でやりまひょや。
それが筋やし。
なーんか、抑止力が疑わしいからいうて、取って付けたようなアホ話言わんといておくれやすぅ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/145-918bd919
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。