上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yokusiryokuwotou.jpg

柳澤 協二
東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、同運用局長、防衛研究所所長などを経て、
2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障担当)。現在、防衛研究所特別客員研究員

道下 徳成
政策研究大学院大学准教授。ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)Ph.D.(国際関係学)。
専門は、戦略論、日本の防衛政策、朝鮮半島の安全保障

小川 伸一
立命館大学アジア太平洋大学客員教授。エール大学Ph.D.(政治学)。
専門は、核戦略、核軍備管理、安全保障論

植木 千可子
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。マサチューセッツ工科大学Ph.D.(政治学)。
専門は、国際関係論、安全保障論

山口 昇
防衛大学校総合安全保障研究科教授。元陸上自衛隊研究本部長(陸将)。
専門は、日米同盟、軍事史

加藤 朗
桜美林大学リベラル・アーツ学群教授。国際政治学修士、元防衛研究所所員。
専門は、国際政治学、紛争論

広瀬 佳一
防衛大学校総合安全保障研究科教授。法学博士、元在オーストリア日本大使館専門調査員。専門は、国際政治史、ヨーロッパ安全保障論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


はい、「抑止力を問う」でおま。
ま、見てのとおり専門家ばっかりでっけど、対談形式やからスラスラ読めま。
しかし内容は濃いでんな。
っで、一番面白かったところを一つあげるとすれば加藤朗はんとの対談で、加藤はんが「世界観が統一されてないから大混乱しとるんとちゃいまっか」とか、モノがコトを決めるという議論から「情報なんかが最先端技術の時代のコトってなやねん」とか。
あ、もちろん大阪弁やおまへんで。
俺らの時代は何が支配するのか?それが分からんというとるわけや。
せやのに安全保障の分野(他の分野もそうやけど)では旧来の延長でやってるから七転八倒しとるんやろうと。
そういった観点から普天間問題を見ると、「ほんまに必要なんでっか?」となってくる。
それ以前に「わし等どこに向かっていきたいと思ってまんの?」と。
まずここから考えんと。

ま、とりあえずお勧めですわ。

ほな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/197-e2f6d484
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。