上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄知事選挙がいよいよ明日に迫ってきよった。
基地問題では違いが明確になってきよったが(県外ということは伊波、仲井眞両氏に違いはないが)、次の問題として県民の一番の関心事である経済問題でやりあってるみたいでんな。
仲井眞はんも脱基地を前提とした経済振興策を掲げているようやが、仲井眞はんは県内基地移設にふくみを残してる(本心は知りまへんで)わけやから一貫性が無いように思うんやけど、県民の目にはどう映っとるんやろか。
ま、県民は仲井眞はんには基地県外移設への実行力も、県内移設受け入れの説得もでけへんやろうと見抜いてるとは思いまっから、ココんところの矛盾はあんまり気にしてはれへんかも知れまへんな。
これはこれで、めっさ危険な普天間を筆頭に基地がそのまま残ってしまうということやから、基地を抱える地区は特に受け入れられへんやろうけど。。

一方、伊波はんは普天間基地跡地の利用を沖縄経済の起爆剤に捉えとるわけやから、基地問題と経済政策の一貫性がある。
問題の基地返還やけども、今までの経緯を見ると伊波はんには政策実現に向けた行動力も十分ある。
大坂におる俺様でも知ってるぐらいやから、沖縄県民もそういう印象はもってはると思うんやけど、どないでっしゃろ。
沖縄県知事選挙での県民の重大関心事である、経済問題と基地問題。
現知事は脱基地を基本に経済政策を訴えとるわけやけど、どれほど日本政府・アメリカ政府と交渉してきたんでっか?
ぶっちゃけ聞いたことおまへんな。


民主主義っちゅーのは選挙も大事でっけど、その後の政策実現が大事なんですわ。
「選挙が終われば後はお任せ」では、いつまで経っても現状は変わりまへんで。
最低の経済状態と基地問題で、先頭に立って戦ってくれる人を選びなはれ。
県民が自分の生活に関心を寄せるんやったら、県民の意思を日米両政府に伝えてくれへん漬物石みたいな知事を選ぶよりも、自分らも一緒になって道を切り開いていけるだけの政策と行動力を持った知事を選んだ方がエエんとちゃいまっか。


目の前の障害は自分で取り除く努力をするもんや。
そうやってホンマに初めて本土の人間と手を結ぶことが出来るんや。
戦わん人間には誰も手を貸してはくれまへんで。

沖縄に過剰の負担を押し付けとる本土に住む俺様が、自分のことを棚にあげまくって勝手なことを言うとると思うかも知れんが、それが現実ですわ。
あと一日。
沖縄から連帯を求める力強い声が聞こえてくるのを待ってまっから、せいぜい気張って勝ちなはれや

ほな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/221-16249444
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。