上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の産経に森本敏はんの記事が載ってたけど、今後は角度を変えてきたみたいやな。
今度は米軍と自衛隊の深化を深めて基地を共有せよと。
それが沖縄の負担を減らすことやと。
そんでもって早く辺野古沖に代替施設を作れと。
まぁ、記事には書いてないけど集団的自衛権に踏み込めっちゅーこっちゃな。
政治的な関係が今のままやと仮定すると、自衛隊の安売りですな。これは。
だいたい外務省の連中は、対米外交のために自衛隊を道具として使おうとしてきたわけやけど、森本はんって外務省が長かったせいもあって、思考がまんま外務官僚でんな。

えーとね、森本はん。
共有を言うんやったら、普天間の海兵隊はほとんど留守しておらんわけやし、ぶっちゃけ大村の自衛隊航空基地を間借りさせてもらうだけで間に合いまっしゃろ。
代替施設なんか要りまへんがな。
森本はんは海兵隊は「抑止力」「即応部隊」という立場で、沖縄の負担を正当化してきたわけや。
しかし米軍が居ながらにして北朝鮮は韓国に攻撃したし、北朝鮮が実際に武力行使しても、普天間の海兵隊は動けへんかった。
ようするに抑止力でも即応部隊でもなかったわけで、嘘八百並べてきたことが露呈したわけや。
今度はそれを引っ込めて沖縄の負担軽減を口にしながら日米の基地「共有」というキーワードで、「集団的自衛権」と「辺野古」をゲットしようと思ってるようやけど、そうはいきまへんで。
懲りへん御仁ですわなぁ。。
つーか、ここまで厚顔無恥やないと、森本はんのポストは務まらんのやろな(--;

ほな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/224-af75e63f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。