上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「福島の人達、野菜作らないで下さい。今の野菜は放射性廃棄物なんで野菜じゃないんで。その代わりちゃんと暮らして行けるように保証していきます。とにかく一時期、、福島から疎開して下さい!ごめんなさい。でしょ?」
と松田美由紀はんは言ったとな。
批判者はあえて前半部分をターゲットにして叩くことに熱中しとるらしい。

そういえば最近でもこの手の発言がありましたな。
えーっと、、、あ!「天罰 我欲」発言の石原新太郎はん。
発言者が我欲丸出しのモダーンな石原都知事ということ以外は実は支持できるもんや。
発言の前後を読めば被災者に向けて言うたんや無いことは分かるやろうし、原発では東京の我欲が地方に壊滅的な打撃を与えたんは事実やし。
いまでも我欲丸出しで、福島第一原発周辺の悲惨な状態がまるで無いかのうように「原発止めたら電力が足らんやろ!」と喚いてる輩がいてまんな。
その停電を盾に脱原発の動きを止めようとする輩は、6.11庶民の神聖なデモ行進に向かって罵声を浴びせるわけや。
「原発止めたら日本はどうなるんですか!」と。
実は“輩”とは在特みたいなレイシストなんやけど、まぁモダーンで効率優先の考えですわ。
村上春樹はんに“便宜や効率といった名前を持つ最悪の犬”呼ばわりされそうなぐらいに。

しかしそこで一人の男がレイシストに向かってバシッと言いよった。
「この期におよんで原発を支持するからには、福島第一原発の汚染水を飲み干してきてから言うてもらおうやないか!」と。

嘘・・・これは俺様の妄想話。
神聖な庶民はそんな悪態なんかつきまへん。
ホンマは庶民のデモ行進はパッパラパーなど無視して無事成功したようや(笑

っで、松田美由紀はんやけど、「その代わりちゃんと暮らして行けるように保証していきます。とにかく一時期、、福島から疎開して下さい!ごめんなさい。でしょ?」とは誰に向けられた言葉や?
原発事故の補償の主体は当然政府か東電やないか。
最後の「ごめんなさい。でしょ?」は謝罪と同意を求めとるわけや。
ようするに、政府・東電に「このようにメッセージを出してくださいね」と言うてるわけ。
“消費者”の立場やったらそういうのは分かるし、別にこの発言は責められるもんやない。
生産者への補償も要求しとるわけやし、消費者から生産者への接近でもある。
ただ俺様は生産者の立場から「我欲丸出しやったワシらの責任としてみんなで食おうや。原発被害の遭ってる生産者を助けようや。同じクニに住む“生活者”同士やないか。」という立場や。
しかしこれを言うとドン引きしよる。
ようするにただの消費者のままですわ。
ほなら消費者の立場として松田美由紀はんの訴えを誰が批判できまんねん?
ごちゃごちゃ言うんやったら「少々の放射能汚染は甘受しろ!」と俺様と一緒に訴えていこうやないけ。

ほんで批判者は農家の気持ちに立って批判してるようやが、俺はリアルに生産者やけども批判者のようには思わん。
自分の作ってきたものにプライドがあればあるほどな。
農家やったら安全で美味い作物を作るためにやってきたはずや。
何が悲しいかというと、それがアカンようになってしもうたことが悲しいわけ。
ただそだやけ。
放射能廃棄物?その言葉を聞いて悲しい?
何を言うとるんや。消費者の地位に甘んじとるのに、、もともと生産者と消費者という分け隔てた関係とはそんなもんやないか。
しかし「苦しんでいる人間」を代表するような言葉づかいで「安全なところにいる人間」をなじる人間がいる。
そういうしかたで自分自身の個人的な不満や攻撃性をリリースすることは、被災者の苦しみを自己利益のために利用していることに他ならない。
自制して欲しい
つーかマジ胸くそ悪い)。
そして加担してはならない。

ほな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/275-9e7aafe0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。