上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり触れなければなるまい。
このブログは馬鹿ブログを目指しているのだが、俺より馬鹿がいるとついつい素に戻ってしまう。

8月6日にいまやタカ派のアイドルと化したタモガミなる御仁の講演が、原爆ドームからほど近いホテルで行われたもよう。
案の定、彼は核武装をせよと発言したようだ。
原爆で多くの方が亡くなり、またその被害は幾世代にも渡り続いている。
もちろん直接の加害者はアメリカであるが、圧倒的多数の被爆者は自分たちを傷つけた核兵器そのものを憎んでいる。
田母神氏が主張したことは、被爆者の直ぐ横でその憎むべき兵器を持つべきだと言ったのである。

そもそも俺はタモガミなる御仁には興味が無かった。正直意識することもあまり無かった。
なぜなら彼の言動が全く脅威とは思えないからだ。
タモガミなる御仁が脚光を浴びたのは、あの「田母神論文」からだが、彼の「論文」を一読して確信した。
「コイツは馬鹿だ」と。それと同時に田母神氏を祭上げた人々も。
どこぞの企業の公募があったそうだが、その要件は「論文」であったはずだ。
しかし田母神論文なるものは何も論証していない。すなわちただの作文。
そこそこの企業に勤めているサラリーマンでもこんな勘違いはするまい。
しかも書かれていた内容は、かなり妄想癖があるのではと疑うような内容であった。
政府はさすがに田母神氏を更迭したが、それは正解だろう。
こんな妄想癖の人物を幕僚長に置くなど、それこそ国家の危機である。

そして2009年8月6日被爆地・広島で、タカ派のアイドルと化したタモガミは“原爆で亡くなられた方々の『慰霊の日』”に核保有論をぶちまけた。
アイドルとは少々馬鹿だから務まるものと、左翼のアイドルを目指す俺は思っているのだが、本物の馬鹿となると、せいぜい政界ぐらいにしか就職先は無いだろうし、議会の中で埋没していく運命だろう。
今回の講演も報道したのは数社のみ。
パフォーマンスすれば注目を集めると思ったのだろうが、馬鹿が過ぎるとメディアもドン引きになる。

最後に講演を主催した日本会議だが、このサイトにはにはこう書かれている。
「美しい伝統の国柄を明日の日本へ」「日本の感性をはぐくむ教育の創造を」と。
俺は『慰霊の日』に死者を死者たらしめた核兵器を「持て」ということが、美しい伝統とは思わないし、それが「日本の感性」などとは微塵も思わない。
疑われるのは広島の平和ではなく、この日本会議なる団体の欺瞞なのではないのか。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/28-13dadbcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。