上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.17 残念な結果
83-7

残念な結果というか、、負けはわかってるわけやから、残念な内容というべきか。
ディフェンスが機能しない。
FWでプレッシャーをかけられセットプレーからの一次攻撃からでも簡単に抜かれる。
踏み込んでタックルでけへんから、ミスタックルも多発する。
タックルできても受身やさかいボールは生き続ける。
っで、結果はトライの山。
ジャパンも強くなってるのは確か、、、なはず。
しかし世界のラグビーも止まってないわけやから、それを上回るスピードで勝負できる部分を増やしていかんとイカンわけ。
2003年のワールドカップでは方向性は見えたはずやし、今回の代表も3H(早く、低く、激しく)を掲げ基本路線を踏襲しとる。
やることは分かってるけど、この試合ではそれが出されへんかった。
それが残念や。

でも少ないながらもジャパンがボールを保持できてる時間帯は、ちゃんとゲームらしくなってた。
保持できれば得点のチャンスも有るし、ジャパンらしさ出てたと思う。
ほんでアタックに限れば、最後までトライを取ろうとする姿勢は貫けたと思う。
しかし、如何せん残念なんはディフェンスですわ。。

っで、次はトンガでその次はカナダ戦。
ザクっと見た感じでは、トンガにはモールは有効やと思う。
っで、警戒せなアカンのは、トンガの選手は一発でトライまでもっていける力があるところ。
フォワード周辺ではそんなに抜かれることは無いと思うけど、9・10・15の縦のラインの動きには注意かも。
んでライン攻撃は単純な飛ばしパスが多いと思うけど、これは外で勝負したいという意図の表れか?
両センターのディフェンスはしっかり頼んまっせ。
ほんでカナダは髭ボーボーのフランカーに注意。
コイツは反則を承知でボールにからんでくるから、きっちり対応しとかんといかん。
ということでセルフジャッジは厳禁。
あと13番のセンター。
普通に突破力が有ま。
基本的にはトンガの方が一発でトライまで持っていける力はあると思うけど、この13番だけは要注意でんな。

ま、この2チームにジャパンは十分勝てると思うから、ぜひすんばらしいゲームを期待したいところでんな。
ほな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/288-8c89a65c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。