上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解散から総選挙まで40日間とか言ってたけど、もう折り返し地点を過ぎてしまいましたなぁ。
そんであらためてウチの選挙区を見てみた。

公明・民主・共産・降伏の4党。降伏は除外させていただいて、残りの3党から選べというわけね。
現世御利益も魅力的やけど、真宗でちょびっと密教もかじっている俺としては、日蓮様の異端児そのものには興味はなく、この党に接近したところで、統一教会の時みたいに「鬼!悪魔!サタンよこの場から立ち去れ!」なんて言われるのがオチなんでこれまた除外と。

っで残りは民主と共産になるんだけれども、民主の候補者が元ケーサツなわけよ。
ケーサツといえば国家権力に飼われている糞ヤクザ。
中には四国の仙波さまのように初心忘れず表の顔を掲げたまま、職務をまっとうする御仁もおるけど殆どはアウト。
っで、この民主の候補者は権力側にドップリのように思えるわけね。
いくら政権交代が重要な争点だからといって、糞ヤクザを応援するわけにはいかんのよ。
かといって公明を勝たせるわけにもいかんし。

っで共産党の候補者はどうかというと、これまた役に立ちそうもない千葉印刷のオバチャンなんよね。
「うちは競争しない商売を心がけています」とかいって、内容みれば党関係の印刷物で食ってるような印刷所。
それを自慢しているようじゃ業者から反感くらいますです。
当然俺もその一人。
だいいち小選挙区で共産党に投票するということは死票を増やすだけやしね。

っで、政権交代と同時に俺にとって重要な問題なのは、議会にどれだけ護憲派議員を増やせるか?ってことろなんですわ。
比例は共産・社民で良いとしても、小選挙区に民主の護憲派か、勝負になりそうな社民候補がいてれば悩まなくてもエエんやけど、うちみたいに政権交代+護憲派って候補者がおらん場合、最後の最後まで悩みそうやな。

けっこうこんな選挙区多いんちゃいまっか?



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/30-f074b967
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。