上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正直、パターン化された橋下の戦略には飽きとったんやけど、橋下が国政を口にしだしたあたりから更に橋下への幻滅が進んでしもうた。
9条を棚上げし、ベーシックインカムを“検討する”などと官僚言葉でお茶を濁し、イデオロギーを出来る限り背後に押しやったのに、とうとう国家元首は天皇やと言い出しよった。

日の丸君が代の強制もそうやけど、結局 橋下も他の自称保守と何の変わりもなく、イデオロギーを上から統制していくのには天皇を利用するしかないわけね(大阪に留まってたら言わんですんだものを)。
橋下は明治維新から続くシステムを解体するとかほざいとったけど、明治維新から続く一神教的な天皇利用券をオノレがお買い求めになられてるだけじゃ~あ~りませんか。
結局、コイツはオノレがやろうとしてる事が正しいと思ってない。
競争と効率性を広めたいと思っとるけど、それでは上手くいかんことも分かってる。
それでもなお人民を従わすには神が必要となる。

これは日本だけやない。
資本は自由に各国を飛び回る時代やから国家は溶解しつつあるように見えるけど、それと反比例して国家が国家を維持しようと思えば愛国教育と統制が必要になる。
この類の統制は地球規模で強まってる。
それが天皇であるか、あるいは宗教や党であるかは関係無い。
とにかく忠誠を誓わせる印が有ればエエ。
っで、国家にはネオリベに合致した労働者を提供し、企業が商売しやすいように税制や法を整備する役目があるし、それが出来へんかった国家は企業から見捨てられる。
しかし資本にお気に召されるような国家になったとしても、庶民に幸福が訪れへのは説明するまでも無いやろ。

さて、橋下は“極端”を演じてきたばっかりにイデオロギーを隠せなくなりつつあるのは自業自得として、日本には手垢まみれの神輿しか無かったのは不運でんな。
こうなってくると組みやすく、橋下の限界も見えてくるわけやけど、だからというて現状は良うならんことも確かやし、第三・第四のハーメルンの笛吹き男が出てくるのは確かや。
小泉政権が終わった時に、もう二度とこんなアホンダラーに騙されることは無いと思ったやろ?
そこで橋下の問題意識(まぁ、今の日本に生きてたら当たり前体操やけど)を共有しつつ、橋下の目指すモンをラディカルにひっくり返す思想が必要でんなぁ。

くろまっくはんがコメント欄で紹介してた大阪論も面白いし、TAMO2はんの記事も橋下論も面白い。
っで、俺的には全部ひっくるめて自生自化を促す方法が必要なんとちゃうやろか?と思うわけですわ。
橋下的なモンを押えて一歩前に進むには。

ほな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/305-084386b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。