上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事に薩摩長州先生からコメントいただいたんやけど、ある党派にズッポリはまった人間は「いろいろあるから統一候補なんて無理だろうな」なーんて諦め気味なんやけど、党派性の無い護憲派にとっては左の中にある壁ってスンゲー迷惑なんよね。
あ、薩摩長州先生への批判やのうて、左翼全体的にということね。
左翼党派にズッポリはまったヤツら(俺も含めて)は、自分たちの主張の“正しさ”のために他党派を攻撃し、さまざまな運動の中で醜いヘゲモニー争いをしてきたわけやから、俺が嘆くのは自業自得の部分がある。
しかし共産も社民も新左翼も「関係ねぇ」人からすれば、自分たちの選択肢を理不尽にも取り上げられちゃっているわけよ。
国民に有効な選択肢を示すことは政党・政治団体の役目だろうし、そんなことすら出来ない組織なんて、とても多種多様な人々の代表にはなれない。

知り合いのクニチュウさんが言うてはったんやけど、やっぱり「和解」しかないやろうと。
俺もそう思って行動してきたから、自分の党派にはすこぶる厳しい。
いろいろ言いたいこともあるやろうが、まず自分の襟を正せと。
それもでけへんねんやったら、既存の左翼は日本の進歩的な人々にとって邪魔なだけ、いや平和への敵や。
「まともな総括も和解もでけへん。」
「醜いヘゲモニー争いはまだまだ続けまっせ」
そんな左翼は消滅してもうた方がエエんとちゃんけ?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/31-7793d47f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。