上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お玉さんのとこでも、松竹さんのとこでも核について書かれているけど、核の抑止論と核の傘の問題ってなかなかスッキリいかないもんなんだわ。
だからお玉さんとこのコメントで「小市民」としては核の廃絶を求めつつ核の傘も認めるってことになるんじゃねーの?的なコメントを書いたわけやけど、それは矛盾しているけどフツーな感覚だろうと。

っで、実際核兵器には抑止力も有るし、核の傘の威力ってのもある。
これはあるんやで。
でも、兵器には「相手が持つならオラも持つ」という別のマインドもあるんよね。
こういうマインドはどこの国の安全保障にとってもマイナスやから、歴史を見ると「軍拡競争やっては軍縮会議をやる」みたいな無意味なことを繰り返すわけ。
で、問題は核の場合は他の兵器と少し様相が違う。
まず、a維持管理にコストがかなり掛かる。bそして一発で大量の死者を出し2次被害・3次被害と世代を超えて被害が出る。cもし核兵器を使用すればそれ相応の報復は覚悟しなければいけない。もちろん国際社会からのバッシングを受ける。
“b”は兵器としては非常に能力の高い兵器で、軍事的に考えればプラス。
しかし“c”があるから使えない。
このあたりが通常兵器とは違うところやけど、広島・長崎以降、基本的に核兵器って先制攻撃は想定しないわけね。
アメリカも明言はしよらんけど、実際使ってこなかったし(劣化ウラン弾とか別として)、使う寸前までいっても躊躇するんよ。

っで、冷戦時代には米ソが世界の覇権をかけて核でしのぎをけずってたから、核保有国は大国に限られとったわけやけど、冷戦構造が崩壊したら核が無くなっていくかと思ったら、保有国が増えていきよったんや。
これは片方の親分がおらんようになって、各国が地域の軍事バランスを自分らで考えなアカンようになったことと、核保有国が自分らのアドバンテージを放棄したくないから核保有国に規制をかけてけえへんかったことが原因や。
要するに冷戦後は核を持つハードルが低くなったちゅうこっちゃ。

軍事バランスでもって安全保障を築こうという立場からすれば核拡散は当然の結果やけど、ほんまに安全保障に寄与しとるんけ?というと「?」マークが何個も付く。
バランスということは相手も持つことを意味しとるけど、核の特異性を見るとそれが安全保障にはつながらんことは明白や。
すなわち“a”のコストの問題や。
核は北朝鮮みたいな弱小国でも作れる。しかし維持管理にコストがかかるとなると、「売ったら銭もうかるやんけ」と思う国が出てこないとも限らへん。
プラスマイナスで銭勘定するとエライ違いやし、世界にはまだまだ軍閥が牛耳ってる国もあるし、統治機能の劣る国もありまっさかいな。
っで買い手となるんは国やなくってテロリストとされとる。
俺もテロリストが核を買うことを完全に否定できへん。
そんでテロリストには核を維持管理する能力も銭もないから、使うことを目的として購入するわけや。
こりゃどの国の安全保証に対しても脅威や。
NHKで学生さんが「世界が核を持ったら平和になる」ちゅうてたけど、これは兵器の持つ抑止力だけに着目してしもうた間違いや。

核には抑止力もあるし、核の傘の威力もあるやろ。
ほやけど核の特殊性によって、核による軍事バランスでは安全保障は築かれへん。
つーことで理性をもってして考えると、核軍縮・廃絶に向かうしかあらへん。
憲法9条を持つ国に生まれたニッポン人は、理性をもって考えることを訓練されとるから、こんなことには直ぐに気付けまんな。

9条さま、ありがたやありがたや。
今日もみんなで拝みませぅ。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/37-6fa83dc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。