上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.19 144
今日は予定どおり甥っ子を海に連れていくために、早朝(つーか夜中の1時から)場所取りのために一足先に釣り場へ直行。
潮の流れの当たる波止の一角をまず確保して、そこから場所作り。
ちょっと眠ろうと思ったけど、ことのほか北西の風が強ようて寒くて寝られずじまい。
っで、AM5時前にやっと甥っ子どもが登場。
全てお膳立てが整った釣り場やから、バコバコ釣りよるわ。
子供は一投するごとにライントラブルでめちゃくちゃ時間ロスしたけど、甥っ子二人とレディ一人で食べごろサイズのアジを144匹ゲット。

sakana4.jpg


もちろん俺らが今日の竿頭や。
近くで釣ってたオッサンが「兄ちゃんとこだけなんでそんなに釣れんねん?何号の針使ってんの?」と訊ねてくる。
教えたけど小さいサイズの針は持ってない様子。
っで、余分に買っておいた針をやった。こっちはもう十分釣ったしな。
でもなオッサン。
釣れる日に釣れる場所で釣れる道具を使って釣りをするんは釣りの常道や。
でもそれだけじゃ足らん日もあるんや。
だから俺は前日に釣れた魚のサイズと釣れる針の号数を調べて潮の流れも確かめて、なおかつ当日は早くから場所作りのため撒餌しながら魚も寄せとったよ。
そうやったら初めて釣りするガキがここの釣り場の常連に釣り勝ってしまう。
オッサン。釣りはデータと経験とイマジネーションやで( ̄▽ ̄)ノ
それはたかがサビキ釣りでも一緒や。
簡単な釣りやから言うて舐めてかかったらガキにも負けてまうんやでぇ(>o<)


まーそんなこんなで釣りが終わって、俺は洗物を持ち帰ってザッと洗ってそのまま仕事と。
ほんで仕事が終わったら「また刺身にしてぇ?」「アジフライも食べたい?」
やって。
気絶しそう(+o+)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/46-acfc12e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。