上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日米安保条約を読むと、基地問題も基地使用のあり方も、アメリカの発議のもと事前協議を行われるのであって、日本からの発議は想定されとらん。
当時の政府政権与党は、自ら属国として固定化されるような条約をよくも結べたもんやとムカツクかぎりですわヽ(`□´)ノオンドリャー!
問題を根本的に解決しようと思えば、唯一日本から発議できる、安保破棄あるいは破棄をも持さない姿勢が必要になるんやが、それを重々承知の上で、安保肯定派にも有効な提案というものが必要なんやろう。

その限界はどこか?
教祖(俺さま)が考えるに、安保条約を保持したまま、米軍基地の全基地撤去。
それと有事の際の民間飛行場の使用を、【日本政府と協議の上で決める】。
ここが限界やなかろうか。
これは軍事同盟を促進し、対立の中でしか安全保障を築けんと思っとるするヤツ等とは相容れんやろうけど、多くのニッポン人には受け入れ可能なんちゃうやろけ?
抑止力ちゅうても、これだけ兵器の近代化が進んだ中では、日本に城を築かんとイカンということも無いんやし。

こういう総意が出来たら、政府の基地問題の交渉も弾みが付くというもんやで。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/85-700acbf5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。