上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全体として辻井さんの意見には賛成。
しかし党の姿勢というもに、やはり如何ともし難いものが見え隠れしとる。
浅尾君みたいな党の良質のフィルターをもってしてもそう思える。

1日目はまず護憲運動の連帯やけど、日本の独立というような大きなテーマやと連帯は可能かも知れん。
それでも「ある党派」系の9条の会の集会で、新左翼の人たちに「暴力集団は出て行け!」とやってたアホの左翼党派はあったけど。
そんなアホ党派が共産党やったんがガッカリだぜorz
以後、反省して慎みましょうね(`・ω・´) b ダメニョ
しかし憲法全体に関わる様々な問題に対しては複雑になってくる。
例えば労働運動は正規の労組と、非正規雇用の労組は対立する場面がある。
労働運動は政党に引っ張られがちやから、党派の「手打ち」も必要になる場面もあるやろ。
これをどうすればエエのかは日本の外交を見ればよう分るやろ。
未来へ視線をおくりながら連帯していくには、清算は必要なんや。
過去に無頓着なタカ派の政治家が韓国中国首脳に対して「未来志向でいこう」というのと同じ。
これは上手いこといかんのや。
でも共産党を含め、多くの左翼政党はこれをやろうとしてる。
しかし未来にスンバラシイ可能性があるんやったら嫌な宿題も出来るんちゃうけ?
辻井さんも未来が大事としつつ、過去についても語ってる。
辻井さんが中谷氏に敬意を示していることをもっと深く受け止めよ(`・ω・´) b ココ、ポイント
中谷氏の考えの評価はともかく、間違いなくいえるのは卑怯者やなく勇敢で正直やということや。
そういう人間は信頼される。信頼が連帯を広げるんや(`・ω・´) b サラニ、ポイント

っで、2日目はポスト資本主義を語る言葉やけど、ここが「左翼政党」の全く遅れてる部分や。
まずもって重要なのは左翼が解放されること。
浅尾くんが「自分たちが党に何ができるかだ」て言うてたけど、その自発性が根幹部分には行き渡らんシステムを変えていかないかん。
当然ながら今の「日本共産党」が中央集権にこだわってる限り、魅力ある未来社会論なんて語れるわけがない。
世界レベルではまずまずの見通しを立てるのに、いざ日本の未来社会を描かれへんちゅうのは、兎にも角にも自分たちだけを変化の外に置いて物事を考えてるってことや(`・ω・´) b クチサキダケジャ、ダメ

3日目
プロレタリア文学の言葉。
正直、この章は読むのがつらかった。浅尾大輔にしてこうなのかと。
辻井さんはなだめてたけど、俺にはできん相談や。あと30年か40年時間して干からびた頃やったら違う受け止め方できるかも知れんけど(;^。^)
だいたい文学は政治に隷属させられたらアカンもんや。
浅尾君は統合というてたけど、統合する必要も無いと思う。
文学と政治は時代を動かす両輪であって、統合なんてしてもうたら間違いなく生命力は無くなる。
それぞれ自由であって、時には文学が政治を引揚げ、時には政治が文学を刺激する。
そういう関係でエエはずや。o(%)○シュワッチ
っで、お説教や。
浅尾君の頭の中では、作品の評価よりも人物、人物よりも党派性によってクッキリ区別されとった。
もっとハッキリ言えば、作家の共産党に対する態度によって選別されとった。
これは党人であれば、自然とそうなってしまいがちな問題や。
本の中で「村八分」という言葉が出てきたけど、これは二分(冠婚葬祭)は残してるわけですわ。
イデオロギー政党の場合、村八分やなくて村十分やったんよ( ̄Д ̄|||
ようするに人格の否定から入って、全否定にもっていく。
筆坂はんが党を離れた後、マスコミに出だした時に、共産党はマスコミに噛み付いたんよ。
「そんな人間を出すな」と。社会的な抹殺ですわ(x_x)
そういう流れが下々にも脈々と流れ、党にシンパシーを持つ人間というだけでもこのありさま。(注)
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-577.html#comment438
彼は元党員で、海外に移住するために党を離れたそうやけど、精神的にはヒラメ党員のまま。
ちなみにリンク先に出てくる「多重債務」やけどもこれは組織運営に邪魔やった同盟員を孤立させるために、党と民青が一緒になって流したデマですわ。そんで死に追いやったんですわ。
俺はこういうやり方に反対して除名(俺は撤回要求してるけど)されたけど、党にはこういう間違いを犯さんといて欲しいと思っとる。
体はってでも止めるんがホンマの「忠」ってことですわ。
でも、人格否定・人権侵害から入ってこられると連帯もへったくれも無いわけですわ。
これは党全体の傾向ですわ。
周りを敵ばっかりにして「なんで共産党だけが変わらなならんのだ!」とか言ってちゃダメなんよ。

っで、浅尾君よ。除名された人やからって、作品見ずに人格否定はおかしいのとちゃいまっか?
辻井さんに諭されて見直すやろうけど、そういう考えになってしもうた背景を是非考えてほしいと思うのれすにょ\(⌒◇⌒)ヨロスコ

全体を通して辻井さんは財界人・左翼的視点で未来を見てるのはよく分かったし、こういう考えに触れる機会の少ない「党派に属する人」からすれば、刺激的な内容やったかもな。

(注)
11・22訂正:リンク先のコメントは大幅に変更され「多重債務」という言葉は削除されとりま。
誰が忠告してくれたのか知りまへんがありがとん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://a9leather.blog66.fc2.com/tb.php/88-3269a8c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。