上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
克也どん。。
前回、沖縄本島に行った記事で「こうやって交渉したらエエんちゃんの?」と書いたんやけど、まぁ内容的に実も蓋もないもんやからコメント欄には反映されへんかった。。
また反映されへんかも知らんからこっちに書いとくわ。

-----------------------------------------

リンク先より。
>関税撤廃の代わりに農家への所得補償などは当然行っていくので

農家への補償が悪いといっているワケではありませんが、こうやってマリ共和国は破綻させられたんですよね。
交易は進めるべきですが、「自由」などとデタラメなことを言わずに公正な貿易を求めるべきではありませんか?
リンク先では基地についても語られていますが、横須賀を返せとか嘉手納を返せと言ってるわけではないのです。
どうでもいい普天間基地すら無条件返還を達成できない「なんちゃって保守」の姿を見ると、本当にこの国の政治は外交力があるのか?と疑ってしまいますね。
--------------------------------------------

っで、26号機は超苦戦中。
さらに仕事でバタバタしとるから余計に手が付けられへんのよね。
もうしばらくお待ちを。。

ほな。
2011.02.17 販促
ま、反映されるか分からんけど、販売促進ですわ。
バイト代は本でよろしで(デヘデヘ

------------------------------------------------------------

昨今では面白いドラマでも長い期間を放映すれば飽きられるのですよ。
小沢氏の問題は西松からずっとですからもう2年ほどになりますが、とても国民の関心事とは思えません。

さて、信頼というと、言ったことを守るというのが最も重要ではないかと思います。
先日も鳩山氏の「抑止力は方便」発言がありましたが、相変わらず正直な方だと思いました。
ある意味期待を裏切らない方です。
しかしそれにしても政府の動揺ぶりは滑稽ですね。
衆議院選挙で「国外、最低でも県外」といって得票を得た政党と同じ政党とは誰も思えないでしょう。
こういう事が政治不信を生むのです。

ちなみに抑止力について防衛大学で活用されている本をご紹介しておきましょう。
「抑止力を問う」-元政府高官と防衛スペシャリスト達の対話-
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ya/0392.html
著者は小泉内閣から麻生内閣まで安全保障を指揮した柳沢協二氏。
その柳沢氏と安全保障の専門家達による対談集です。
軍事に関してド素人であるはずの政治家の、「海兵隊は抑止力である」「海兵隊は沖縄にいなければならない」などと寝ぼけた発言を耳にする度に、何を根拠にされているのか不思議でなりませんでした。

岡田様におかれましてはお忙しい事とは存じますが、書店においてある本ですので、一度プロの見解に目を通されてはいかがでしょうか。
これは政権与党である民主党関係者にもお願いしたいところです。
----------------------------------------------------

ほな。
【上海=河崎真澄】中国の高校生向け国語教科書から「阿Q正伝」や「薬」など魯迅(1881?1936)の作品が続々と姿を消し、賛否両論がわき起こっている。中国教育省が管轄する人民教育出版社が2010年秋からの高校生向け新版で「阿Q正伝」などを初めてはずし、教科書に登場する魯迅の作品数を従来の7編から3編に急減させた。

産経

http://sankei.jp.msn.com/world/china/101230/chn1012301728001-n1.htm

と、まぁ詳しいことは記事を読んでいただくとしてやな、魯迅といえば支那人気質を強烈に批判した清国の人や。
民主主義革命によって、そして近代化によって支那人気質を脱却しようとした人や。
ほんで毛同志は魯迅を利用した。
いや、文学が革命に与える影響を知っていた毛同志は、心底魯迅を評価しとったんやろう。
そんな魯迅が中国の教科書から消されていってるというわやけ。
支那俗物党当局の説明によれば、いろいろ理由をつけた上で魯迅の言葉使いは中国人のプライドを傷つけているというわけや。
俺様から言わせれば、魯迅の作品を読んで傷つくのは中国人やなくて支那人やろ(苦笑
今年は俺様も支那人気質というもんを批判することが多かったが、支那俗物党は国を挙げて中国を支那化に向かわそうとしているわけや。
いや、そもそも毛同志等の革命では支那人の改造はでけへんかったんや。そしてついに支那人からの脱却を諦めたと。

そうや。お前等のやってきた上からの統制では中国人民にとって、なぁ?んにもエエ影響は無かったんや。
人類の進歩とは逆。
さっさと歴史の屑篭の中に入っとけ!


じゃぁ、魯迅の掲げる民主主義革命とやらで支那人の改造はできるんか?といえば、それも疑問でんな。
中国人に支那人気質を見せつけ、限界を示したことは正しい。
「しかしそれを乗り越えるのが民主主義革命や近代化やないやろう」と、近代化した民主主義(少なくとも中国よりは)日本に住む俺様は思うわけや。
たしかに民主主義や近代化は実生活において無いより有った方がマシかも知れんが、人間が「人間」(括弧付きね)を乗り越えることにはならん。
いや、近代化によって「人間」が、より『人間』になっただけや。
いま中国では近代化に勤しんでるようやけど、中国でも「支那人」が『支那人』になっただけやないか。
だから「支那人」を批判し、改造を求める魯迅を覆い隠せと。

ますます、『支那』批判が多くなりそうやけど、来年も俺様は『人間』を乗り越えるツールの一つである「九条経典」でもって戦いますわ。

ほな。
昨日の産経に森本敏はんの記事が載ってたけど、今後は角度を変えてきたみたいやな。
今度は米軍と自衛隊の深化を深めて基地を共有せよと。
それが沖縄の負担を減らすことやと。
そんでもって早く辺野古沖に代替施設を作れと。
まぁ、記事には書いてないけど集団的自衛権に踏み込めっちゅーこっちゃな。
政治的な関係が今のままやと仮定すると、自衛隊の安売りですな。これは。
だいたい外務省の連中は、対米外交のために自衛隊を道具として使おうとしてきたわけやけど、森本はんって外務省が長かったせいもあって、思考がまんま外務官僚でんな。

えーとね、森本はん。
共有を言うんやったら、普天間の海兵隊はほとんど留守しておらんわけやし、ぶっちゃけ大村の自衛隊航空基地を間借りさせてもらうだけで間に合いまっしゃろ。
代替施設なんか要りまへんがな。
森本はんは海兵隊は「抑止力」「即応部隊」という立場で、沖縄の負担を正当化してきたわけや。
しかし米軍が居ながらにして北朝鮮は韓国に攻撃したし、北朝鮮が実際に武力行使しても、普天間の海兵隊は動けへんかった。
ようするに抑止力でも即応部隊でもなかったわけで、嘘八百並べてきたことが露呈したわけや。
今度はそれを引っ込めて沖縄の負担軽減を口にしながら日米の基地「共有」というキーワードで、「集団的自衛権」と「辺野古」をゲットしようと思ってるようやけど、そうはいきまへんで。
懲りへん御仁ですわなぁ。。
つーか、ここまで厚顔無恥やないと、森本はんのポストは務まらんのやろな(--;

ほな。
エエ記事書いてTB送ってくれと、お玉はんから言われたんやけど、正直いろんなブログでコメントしたさかいあんまり書くことが無いんよね。
っで、改めてはっきり言うとかなイカンのは、今回の北朝鮮の行動に情状酌量の余地なんぞ無いということや。
土佐高知はん(引き合いに出してすんまへんな。)が境界線のことを書きはったけど、北朝鮮の主張しよる境界線は韓国が実行支配しとる島も事実上含まれとるから、この主張自体が停戦協定に反しとる。
境界線は領土やなくて軍事境界線なんや。
北朝鮮が主張するような境界線は、韓国が実行支配してる島が孤立してるわけやから軍事的に有り得へんわけや。

っで、エエ記事は書かれへんけど、エエ言葉を紹介しとくわ。
日本人が意図的な民間への攻撃に、積極的に立ち向かわんといかん理由はコレや。


「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ
。」



世界平和を希求するお節介なモンやけど、そういう世界を作り上げて、その中で世界中の人も日本に住む人も平和に暮らすことを目的としとるわけやから、被害にあった民以外で今回の北朝鮮のやり方に一番怒らんといかんのは日本人でんがな
もちろんやり方は外交努力で。
今回のケースでいうと、実効性のある制裁を国連で決議することや。
そのために全力をあげる。そういうことでんな。

お玉はんは沖縄知事選挙に影響があるんとちゃうか?と心配してはるようやが、俺様はそうは思わん。
もし朝鮮人民の爆死を利用して、普天間云々をほざく勢力があるんやったら、そいつらの愚劣さを基地を抱え続け、戦争と隣り合わせやった琉球の人らはすぐに見抜くはずや。

ほな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。